Security

マイクロソフト社による、"LDAP 署名"と"LDAP チャネル バインディング" の有効化により、Splunkにどのような影響がありますか?

nfutatsugi_splu
Splunk Employee
Splunk Employee

マイクロソフト社によりますと、2020年1月中に "LDAP 署名" と "LDAP チャネル バインディング" の両オプションの有効化を含むセキュリティリリースを計画しているそうです。この変更がSplunkにどのような影響を与えることになるのか教えてください。

1 Solution

nfutatsugi_splu
Splunk Employee
Splunk Employee

Splunkはシンプルバインド方式でLDAP接続を行いますが、下記すべての条件に当てはまる方は、ADが非SSL接続を拒否するため、設定の変更が必要となります。

  • ADを使用しており かつ
  • LDAP (AD)をSplunkの認証方式として設定しており かつ
  • LDAPS (LDAP on SSL)を「非設定」にしている (平文でLDAP接続を行っている)

対処方法として、LDAPのSSL接続化(LDAPS)の設定を行う必要があります。AD側でSSL接続を受け付けるように設定を行った後、authentication.conf 内の SSLEnabled = 1 をSplunk側で設定してください。

このときAD側でSSLの自己証明書を使用する場合、Splunk側で TLS_REQCERT=never または TLSCACertificatePath=<path> (自己証明書で使用したCA証明書が必要) というような設定も併せて $SPLUNK_HOME/etc/openldap/ldap.conf 内で行う必要があります。(この設定に関するドキュメントはこちらです (英語になります)

View solution in original post

nfutatsugi_splu
Splunk Employee
Splunk Employee

Splunkはシンプルバインド方式でLDAP接続を行いますが、下記すべての条件に当てはまる方は、ADが非SSL接続を拒否するため、設定の変更が必要となります。

  • ADを使用しており かつ
  • LDAP (AD)をSplunkの認証方式として設定しており かつ
  • LDAPS (LDAP on SSL)を「非設定」にしている (平文でLDAP接続を行っている)

対処方法として、LDAPのSSL接続化(LDAPS)の設定を行う必要があります。AD側でSSL接続を受け付けるように設定を行った後、authentication.conf 内の SSLEnabled = 1 をSplunk側で設定してください。

このときAD側でSSLの自己証明書を使用する場合、Splunk側で TLS_REQCERT=never または TLSCACertificatePath=<path> (自己証明書で使用したCA証明書が必要) というような設定も併せて $SPLUNK_HOME/etc/openldap/ldap.conf 内で行う必要があります。(この設定に関するドキュメントはこちらです (英語になります)

Get Updates on the Splunk Community!

March Community Office Hours Security Series Uncovered!

Hello Splunk Community! In March, Splunk Community Office Hours spotlighted our fabulous Splunk Threat ...

Stay Connected: Your Guide to April Tech Talks, Office Hours, and Webinars!

Take a look below to explore our upcoming Community Office Hours, Tech Talks, and Webinars in April. This post ...

Want to Reduce Costs, Mitigate Risk, Improve Performance, or Increase Efficiencies? ...

Splunk Lantern is Splunk’s customer success center that provides advice from Splunk experts on valuable data ...