Knowledge Management

7.2.xへのアップグレード時にKVStoreのエラーが表示されます

nfutatsugi_splu
Splunk Employee
Splunk Employee

Splunkを 7.2.1 から 7.2.3 にアップグレードする際、マイグレーションスクリプト実行中に下記のエラーが表示され、
アップグレードに失敗してしまいます。

ERROR while running mongod-fix-voting-priority migration.

先に進むにはどうすればいいでしょうか?

0 Karma
1 Solution

nfutatsugi_splu
Splunk Employee
Splunk Employee

これは既知の不具合で、7.2.4で修正されています。

また、下記のようなメッセージが表示される場合もあります:

ERROR: Failed to migrate mongo feature compatibility version: 
ERROR while running migrate-kvstore migration.

これらのエラーはマイグレーション実行時にKVStoreの証明書が失効している場合や、そのほかの理由でKVStore (mongod)の起動に失敗した場合に表示されます。

この問題はKVStore自体を無効化している場合でも、マイグレーション時に一時的に有効化されるため、発生します。

■証明書が失効している

証明書が失効した場合は、下記の手順で新規の証明書を生成してください。

1. 新たな証明書をSplunkServerDefaultCertの名で生成します。

# splunk createssl server-cert -d $SPLUNK_HOME/etc/auth -n SplunkServerDefaultCert

2. 念のため失効した証明書のバックアップを取ります。

# mv server.pem server.pem.expired

3. 作成したSplunkServerDefaultCertをデフォルトの証明書名(server.pem)に変更します。

# mv SplunkServerDefaultCert.pem server.pem

4. Splunkを起動します。

# splunk start

■SSLの鍵共有の設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されている

splunkdのSSL設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されており、KVStore (mongod)がこの方式に対応していないので、mongod.logファイルに下記エラーが記録されます。

 E NETWORK  [conn1] SSL: error:1408A0C1:SSL routines:ssl3_get_client_hello:no shared cipher

この場合、マイグレーションスクリプトが完了するまで、一旦splunkdのSSL設定を変更してください。

■ロックファイルが残っている

KVStore (mongod)のロックファイルが残ったままであるため、起動に失敗してしまう。

ERROR: [App Key Value Store migration] Service(36) terminated before the service availability check could complete. Exit code 1, waited for 0 seconds.
[App Key Value Store migration] Checking if migration is needed. Upgrade type 1. This can take up to 600 seconds.

ロックファイル($SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore/mongo/mongod.lock)を手動で削除してください。

■KVStoreが破損している

KVStoreを無効化している場合は、$SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore以下のデータを念のためバックアップし、このディレクトリ以下のデータを消去します。(KVStoreのデータは消去されます!

KVStore内にデータがある場合はマイグレーション前に正常な状態にする必要がありますため、サポートへお問い合わせください。

View solution in original post

0 Karma

nfutatsugi_splu
Splunk Employee
Splunk Employee

これは既知の不具合で、7.2.4で修正されています。

また、下記のようなメッセージが表示される場合もあります:

ERROR: Failed to migrate mongo feature compatibility version: 
ERROR while running migrate-kvstore migration.

これらのエラーはマイグレーション実行時にKVStoreの証明書が失効している場合や、そのほかの理由でKVStore (mongod)の起動に失敗した場合に表示されます。

この問題はKVStore自体を無効化している場合でも、マイグレーション時に一時的に有効化されるため、発生します。

■証明書が失効している

証明書が失効した場合は、下記の手順で新規の証明書を生成してください。

1. 新たな証明書をSplunkServerDefaultCertの名で生成します。

# splunk createssl server-cert -d $SPLUNK_HOME/etc/auth -n SplunkServerDefaultCert

2. 念のため失効した証明書のバックアップを取ります。

# mv server.pem server.pem.expired

3. 作成したSplunkServerDefaultCertをデフォルトの証明書名(server.pem)に変更します。

# mv SplunkServerDefaultCert.pem server.pem

4. Splunkを起動します。

# splunk start

■SSLの鍵共有の設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されている

splunkdのSSL設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されており、KVStore (mongod)がこの方式に対応していないので、mongod.logファイルに下記エラーが記録されます。

 E NETWORK  [conn1] SSL: error:1408A0C1:SSL routines:ssl3_get_client_hello:no shared cipher

この場合、マイグレーションスクリプトが完了するまで、一旦splunkdのSSL設定を変更してください。

■ロックファイルが残っている

KVStore (mongod)のロックファイルが残ったままであるため、起動に失敗してしまう。

ERROR: [App Key Value Store migration] Service(36) terminated before the service availability check could complete. Exit code 1, waited for 0 seconds.
[App Key Value Store migration] Checking if migration is needed. Upgrade type 1. This can take up to 600 seconds.

ロックファイル($SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore/mongo/mongod.lock)を手動で削除してください。

■KVStoreが破損している

KVStoreを無効化している場合は、$SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore以下のデータを念のためバックアップし、このディレクトリ以下のデータを消去します。(KVStoreのデータは消去されます!

KVStore内にデータがある場合はマイグレーション前に正常な状態にする必要がありますため、サポートへお問い合わせください。

0 Karma
Get Updates on the Splunk Community!

Maximize the Value from Microsoft Defender with Splunk

 Watch NowJoin Splunk and Sens Consulting for this Security Edition Tech TalkWho should attend:  Security ...

This Week's Community Digest - Splunk Community Happenings [6.27.22]

Get the latest news and updates from the Splunk Community here! News From Splunk Answers ✍️ Splunk Answers is ...

Reminder! Splunk Love Promo: $25 Visa Gift Card for Your Honest SOAR Review With ...

We recently launched our first Splunk Love Special, and it's gone phenomenally well, so we're doing it again, ...