Archive

7.2.xへのアップグレード時にKVStoreのエラーが表示されます

Splunk Employee
Splunk Employee

Splunkを 7.2.1 から 7.2.3 にアップグレードする際、マイグレーションスクリプト実行中に下記のエラーが表示され、
アップグレードに失敗してしまいます。

ERROR while running mongod-fix-voting-priority migration.

先に進むにはどうすればいいでしょうか?

0 Karma
1 Solution

Splunk Employee
Splunk Employee

これは既知の不具合で、7.2.4で修正されています。

また、下記のようなメッセージが表示される場合もあります:

ERROR: Failed to migrate mongo feature compatibility version: 
ERROR while running migrate-kvstore migration.

これらのエラーはマイグレーション実行時にKVStoreの証明書が失効している場合や、そのほかの理由でKVStore (mongod)の起動に失敗した場合に表示されます。

この問題はKVStore自体を無効化している場合でも、マイグレーション時に一時的に有効化されるため、発生します。

■証明書が失効している

証明書が失効した場合は、下記の手順で新規の証明書を生成してください。

1. 新たな証明書をSplunkServerDefaultCertの名で生成します。

# splunk createssl server-cert -d $SPLUNK_HOME/etc/auth -n SplunkServerDefaultCert

2. 念のため失効した証明書のバックアップを取ります。

# mv server.pem server.pem.expired

3. 作成したSplunkServerDefaultCertをデフォルトの証明書名(server.pem)に変更します。

# mv SplunkServerDefaultCert.pem server.pem

4. Splunkを起動します。

# splunk start

■SSLの鍵共有の設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されている

splunkdのSSL設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されており、KVStore (mongod)がこの方式に対応していないので、mongod.logファイルに下記エラーが記録されます。

 E NETWORK  [conn1] SSL: error:1408A0C1:SSL routines:ssl3_get_client_hello:no shared cipher

この場合、マイグレーションスクリプトが完了するまで、一旦splunkdのSSL設定を変更してください。

■ロックファイルが残っている

KVStore (mongod)のロックファイルが残ったままであるため、起動に失敗してしまう。

ERROR: [App Key Value Store migration] Service(36) terminated before the service availability check could complete. Exit code 1, waited for 0 seconds.
[App Key Value Store migration] Checking if migration is needed. Upgrade type 1. This can take up to 600 seconds.

ロックファイル($SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore/mongo/mongod.lock)を手動で削除してください。

■KVStoreが破損している

KVStoreを無効化している場合は、$SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore以下のデータを念のためバックアップし、このディレクトリ以下のデータを消去します。(KVStoreのデータは消去されます!

KVStore内にデータがある場合はマイグレーション前に正常な状態にする必要がありますため、サポートへお問い合わせください。

View solution in original post

0 Karma

Splunk Employee
Splunk Employee

これは既知の不具合で、7.2.4で修正されています。

また、下記のようなメッセージが表示される場合もあります:

ERROR: Failed to migrate mongo feature compatibility version: 
ERROR while running migrate-kvstore migration.

これらのエラーはマイグレーション実行時にKVStoreの証明書が失効している場合や、そのほかの理由でKVStore (mongod)の起動に失敗した場合に表示されます。

この問題はKVStore自体を無効化している場合でも、マイグレーション時に一時的に有効化されるため、発生します。

■証明書が失効している

証明書が失効した場合は、下記の手順で新規の証明書を生成してください。

1. 新たな証明書をSplunkServerDefaultCertの名で生成します。

# splunk createssl server-cert -d $SPLUNK_HOME/etc/auth -n SplunkServerDefaultCert

2. 念のため失効した証明書のバックアップを取ります。

# mv server.pem server.pem.expired

3. 作成したSplunkServerDefaultCertをデフォルトの証明書名(server.pem)に変更します。

# mv SplunkServerDefaultCert.pem server.pem

4. Splunkを起動します。

# splunk start

■SSLの鍵共有の設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されている

splunkdのSSL設定にディフィー・ヘルマン鍵共有(DH)が設定されており、KVStore (mongod)がこの方式に対応していないので、mongod.logファイルに下記エラーが記録されます。

 E NETWORK  [conn1] SSL: error:1408A0C1:SSL routines:ssl3_get_client_hello:no shared cipher

この場合、マイグレーションスクリプトが完了するまで、一旦splunkdのSSL設定を変更してください。

■ロックファイルが残っている

KVStore (mongod)のロックファイルが残ったままであるため、起動に失敗してしまう。

ERROR: [App Key Value Store migration] Service(36) terminated before the service availability check could complete. Exit code 1, waited for 0 seconds.
[App Key Value Store migration] Checking if migration is needed. Upgrade type 1. This can take up to 600 seconds.

ロックファイル($SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore/mongo/mongod.lock)を手動で削除してください。

■KVStoreが破損している

KVStoreを無効化している場合は、$SPLUNK_HOME/var/lib/splunk/kvstore以下のデータを念のためバックアップし、このディレクトリ以下のデータを消去します。(KVStoreのデータは消去されます!

KVStore内にデータがある場合はマイグレーション前に正常な状態にする必要がありますため、サポートへお問い合わせください。

View solution in original post

0 Karma
State of Splunk Careers

Access the Splunk Careers Report to see real data that shows how Splunk mastery increases your value and job satisfaction.

Find out what your skills are worth!